原発禍を生きる【紹介記事】

浜田陽太郎「最初から、逃げるつもりはなかった」 南相馬に残った夫婦の48年」

 

 『原発禍を生きる』の著者・佐々木孝氏の南相馬での生活を綴った「最初から、逃げるつもりはなかった」 南相馬に残った夫婦の48年」(浜田陽太郎)が『朝日新聞』のニュースサイト”withnews”に掲載されました。  同記事の最後では『原発禍を生きる』についても言及されています。(記事へのリンクはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る