タイトル 『奇譚クラブ』から『裏窓』へ
刊行日 2013年12月13日
著者 飯田豊一
定価 1,600 +税
ISBN 978-4-8460-1288-5
Cコード 0034
ページ数 216
判型 四六
製本 並製
シリーズ名 出版人に聞く
シリーズ番号 12
内容
三島由紀夫や澁澤龍彦が愛読した雑誌の全て。廃刊後の今なお熱狂的なファンをもつ雑誌の全貌が、一投稿作家から『裏窓』編集長になった著者によって初めて語られる。遺著として残されたアブノーマル雑誌出版史!
著者紹介
飯田 豊一(いいだ・とよかず)
1930年東京生まれ。デザイナーを経て編集者となり、61年に久保書店へ入社。『裏窓』編集長と『サスペンスマガジン』編集長を歴任後、69年に独立してからはマルチクリエーターとして活躍の場を広げる。2007年に「天狗のいたずら」(田端六六名義)で第5回北区内田康夫ミステリー文学賞を受賞。2013年9月死去。
関連書籍
ページ上部へ戻る