タイトル あっぱれ啄木
サブタイトル 『あこがれ』から『悲しき玩具』まで
刊行日 2012年12月10日
著者 林順治
定価 2,500 +税
ISBN 978-4-8460-1194-9
Cコード 0095
ページ数 248
判型 四六
製本 上製
内容
明治17年に生まれ、明治45年に夭折した石川啄木。啄木はなぜ「偉大なる小説」を書こうとしたのか。そしてなぜ書けなかったのか。作品、時代背景、資料の検討、実地調査も踏まえてその生涯を丁寧にたどり、没後100年にして、望郷の天才詩人啄木の真髄に迫る。
著者紹介
林順治(はやし・じゅんじ)
旧姓福岡。1940年東京都世田谷区下馬に生れる。東京大空襲一年前の1944年、父母の郷里秋田県横手市雄物川町深井(旧平鹿郡福地村深井)に移住。県立横手高校から早稲田大学露文科に進学するも中退。1972年三一書房に入社。取締役編集部長を経て2006年3月退社。
関連書籍
ページ上部へ戻る