タイトル ねずみ狩り
刊行日 2005年12月20日
著者 ペーター・トリッニ 著/寺尾格 訳
定価 1,200 +税
ISBN 978-4-8460-0589-4
Cコード 0074
ページ数 75
判型 A5変
製本 並製
シリーズ名 ドイツ現代戯曲選
シリーズ番号 3
内容
一対の男女を、消費の最終到達点であるゴミ集積場に置くことで、世界は「ゴミの塊」であること、人間はゴミに群がる「ねずみ」にすぎないことを示唆する、現代社会・文明批判の戯曲。
著者紹介
ペーター・トリッニ
1944年、オーストリアのケルンテン州、ザンクト・マルガレーテン生まれ。父親はイタリアから移民した家具職人。高校卒業後はさまざまな職業につき、処女作『ねずみ狩り』の成功後、劇作を中心に、詩、小説、テレビやオペラの脚本等で、現代オーストリアの抑圧と暴力、日常のファシズムを、反道徳的かつスキャンダラスに描き挑発する。

寺尾 格(てらお・いたる)
1951年生まれ。東京都立大学経済学部卒業後、人文学部独文学科に再入学、同大学院博士課程単位取得。専修大学教授。
関連書籍
ページ上部へ戻る