タイトル ふらんす浮世草紙
刊行日 2004年6月1日
著者 マルキ・ド・サド 著/中谷太郎 訳
定価 1,300+税
ISBN 978-4-8460-0454-5
Cコード 0097
ページ数 158
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 謎の訳者の古典ポルノ
シリーズ番号 2
内容
半世紀を経ていま、ここに蘇る幻の発禁本ポルノグラフィー。半生を牢獄で過ごしながら、相当の量に達する著作を発表したサド。「栗の花」「満悦した夫」ほか、全15篇の短編を収録する。1948年若草書房刊の再刊。
著者紹介
マルキ・ド・サド 
1740〜1814年。フランスの小説家。ペトラルカの愛人ラウラを家系にもつ名家の出。司法官の娘と結婚したが、乞食女鞭打事件、ボンボン事件などのスキャンダルを起こし投獄、生涯の三分の一を獄中で過ごすことになる。大革命とともに釈放されるが、反革命の嫌疑でふたたび下獄、さらにナポレオン体制下に筆禍を招き、死ぬまでシャラントン精神病院に監禁された。
関連書籍
ページ上部へ戻る