タイトル まやかしの非核化と日本の安全保障
サブタイトル 金正恩とトランプの攻防
刊行日 2019年2月5日
著者 斎藤直樹
定価 2200円+税
ISBN 9784846017880
Cコード 0031
ページ数 256
判型 四六
製本 上製
内容
北朝鮮の核兵器開発の現在を問う
金正恩は2017 年の終りまで、アメリカ本土への核攻撃能力の獲得に邁進していたが、2018 年の初めに突然「非核化」を示唆し、中韓・南北・米朝首脳会談を行い平和攻勢に転ずる!
著者紹介
斎藤直樹(さいとう・なおき)
1977年、慶應義塾大学法学部卒業。マイアミ大学国際問題大学院博士課程修了。国際学博士。現在、山梨県立大学教授。著書に『戦略防衛構想』(慶應義塾大学出版会)、『イラク戦争と世界』(現代図書)、『北朝鮮の歴史的構造1945-2000』『北朝鮮「終りの始まり」2001-2015』(論創社)ほか多数。
目次
第Ⅰ章 北朝鮮の核・ミサイル開発の現状と課題
第一節 金正恩の核武力建設の狙い/第二節 北朝鮮の核燃料問題/第三節 核実験と「弾頭小型化」/第四節 北朝鮮の弾道ミサイル開発

第Ⅱ章 米朝首脳会談とその後の綱引き
第一節 金正恩による非核化の示唆と緊
張緩和/第二節 南北首脳会談/第三節 米朝首脳会談/第四節 遅々として進まない非核化

第Ⅲ章 問われるわが国の安全保障
第一節 経済制裁/第二節 ミサイル防衛/第三節 「敵基地攻撃能力」 

結論──非核化というまやかし
関連書籍
ページ上部へ戻る