タイトル わたしの山小屋日記 〈夏〉
サブタイトル 動物たちとの森の暮らし
刊行日 2012年7月30日
著者 今泉吉晴
定価 1,400 +税
ISBN 978-4-8460-1163-5
Cコード 0040
ページ数 96
判型 四六変
製本 上製
内容
きらめく太陽に木々をわたる風、楽しい川遊び…山小屋の夏は、命がひときわ輝く季節。窓辺にやってくるカエル、渓流のカワネズミ、ムササビの赤ちゃんとの出会いなど、身近な生きものたちの姿をみつめた、幸せをはこぶ珠玉のエッセイ。
著者紹介
今泉吉晴(いまいずみ・よしはる)
1940年東京生まれ。動物学者・著述家。都留文科大学名誉教授。東京農工大学獣医学科卒。山梨と岩手の山林に山小屋を建て、植物の手入れや畑づくりをしながら、モグラ、野ネズミ、リス、ムササビなど、森の小さな動物たちの観察・研究を続けている。『ムササビ―小さな森のちえくらべ』(平凡社)で日本科学読物賞、『シートン―子どもに愛されたナチュラリスト』(福音館書店)で児童福祉文化賞、小学館児童出版文化賞受賞。

関連書籍
ページ上部へ戻る