タイトル アレン警部登場
刊行日 2005年4月20日
著者 ナイオ・マーシュ 著/岩佐薫子 訳
定価 1,800 +税
ISBN 978-4-8460-0635-8
Cコード 0097
ページ数 296
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 18
内容
パーティの余興だった「殺人ゲーム」で本当に人が殺された! 一見警官らしからぬロデリック・アレン警部は謎を解き明かせるのか。黄金時代に活躍した四大女性作家のひとり、ナイオ・マーシュのデビュー作が遂に邦訳。
著者紹介
ナイオ・マーシュ
1895年、ニュージーランド生まれ。高校時代に学園誌の編集、戯曲の執筆や演出に携わった後、美術大学に進学。卒業後はイギリスの劇団に戯曲作家、女優、演出家として参加し、人気作家となった。ストーリーや人物設定・描写に重きを置いた作風には定評がある。過去に『病院殺人時家』(35)、『死の序曲』(1939)、『ヴァルカン劇場の夜』(51)などが邦訳されている。
関連書籍
ページ上部へ戻る