タイトル イプセン現代劇上演台本集
刊行日 2014年2月28日
著者 ヘンリック・イプセン 著/毛利三彌 訳
定価 3,500 +税
ISBN 978-4-8460-1287-8
Cコード 0074
ページ数 512
判型 A5
製本 並製
内容
軽快なテンポとリズムを生かした上演テキスト。シェイクスピアについで、世界でもっとも多く上演されるイプセン。名取事務所制作による「イプセン現代劇連続上演」(1999~2012年)の台本集。
著者紹介
ヘンリック・イプセン
1828年3月20日ノルウェー南西の港町シェーエンに生まれる。1835年父が破産同然となり、郊外に移る。1844年造船の町グリムスタの薬局の見習いとなって自活。1850年最初の戯曲『カティリーナ』を自費出版。1851年西海岸のベルゲンのノルウェー劇場座付作者兼舞台監督となる。1857年首都のノルウェー劇場芸術監督に就任。1862年ノルウェー劇場破産、失業。1864年国の奨学金でローマに移る。1868年ドイツのドレスデンに移住。

毛利三彌(もうり・みつや)
成城大学名誉教授(演劇学)。イプセン現代劇連続上演演出。ノルウェー学士院会員。前日本演劇学会会長。元国際演劇学会運営委員 。
関連書籍
ページ上部へ戻る