タイトル ウィルソン警視の休日
刊行日 2016年1月30日
著者 G.D.H&M.コール 著/板垣節子 訳
定価 2,200円+税
ISBN 978-4-8460-1470-4
Cコード 0097
ページ数 312
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 163
内容
ミステリ史における最も重要な作品集を選定し紹介した「クイーンの定員」に選ばれた傑作短編集。スコットランドヤードのウィルソン警視が検証を重ね事件の謎に迫る! 全八編を収録。
著者紹介
G.D.H.&M・コール
ジョージ・ダグラス・ハワード・コールとマーガレット・コールの夫婦合作ペンネーム。夫のジョージ(1889-1959) は経済、社会学の著名な研究者であり、妻のマーガレット(1893-1980) は労働研究所に勤務していた。ジョージ単独名義でミステリ長編の第1作目「ブルクリン家の惨事」を1923年に発表。その後、夫婦合作名義で「百万長者の死」(25)を刊行する。イギリス黄金時代を代表する本格作家と評されている。

板垣節子(いたがき・せつこ)
北海道札幌市生まれ。インターカレッジ札幌にて翻訳を学ぶ。訳書に『ローリング邸の殺人』、『ビーコン街の殺人』、『レイナムパーヴァの災厄』、『白魔』(いずれも論創社)、『薄灰色に汚れた罪』(長崎出版)、『ラブレスキューは迅速に』(ぶんか社)など。
目次
電話室にて/ウィルソンの休日/国際的社会主義者/フィリップ・マンスフィールドの失踪/ボーデンの強盗/オックスフォードのミステリー/キャムデン・タウンの火事/消えた准男爵
関連書籍
ページ上部へ戻る