タイトル グレイストーンズ屋敷殺人事件
刊行日 2015年1月30日
著者 ジョージェット・ヘイヤー 著/中島なすか 訳
定価 2,200 +税
ISBN 978-4-8460-1382-0
Cコード 0097
ページ数 352
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 138
内容
1937年初夏、ロンドン郊外の屋敷で資産家が鈍器によって撲殺された。難事件に挑むスコットランドヤードの名コンビ、ヘミングウェイ巡査部長とハナサイド警視。ロマンス小説の名手による本格ミステリ!
著者紹介
ジョージェット・ヘイヤー
1902年、英国ウィンブルドン生まれ。1921年にThe Black Moth を刊行して作家デビュー。35年に摂生時代を初めて小説で取り上げたRegency Buck を刊行し、〈摂生ロマンス〉のジャンルを確立する。日本では『悪魔公爵の子』(32)や『令嬢ヴェネシア』(58)など計4作品が刊行された。ミステリーの分野では、ハナサイド警視シリーズを中心に全12作品が刊行されており、近年『紳士と月夜の晒し台』(35)が邦訳されている。74年死去。
関連書籍
ページ上部へ戻る