タイトル グローバル化と英語革命
サブタイトル ジャパリッシュのすすめ
刊行日 2004年2月16日
著者 渡辺武達
定価 1,600 +税
ISBN 978-4-8460-0501-6
Cコード 0080
ページ数 272
判型 四六
製本 並製
内容
盲目的にアメリカ人の発音・身ぶりだけを真似て満足しがちな日本人、それを助長する日本英語教育。この現状を打破すべく、国際言語〈ジャパリッシュ〉の独自性と有効性を主張する。
著者紹介
渡辺武達(わたなべ・たけさと)
1944年愛知県生まれ。同志社大学大学院新聞学専攻修士課程修了。京都産業大学教授をへて、1990年より同志社大学新聞学専攻教授。同志社大学メディア・コミュニケーション研究センター代表。2001年度米国ハーバード大学客員研究員。専攻はメディア論、国際コミュニケーション論。ほかに、日本セイシェル協会理事長、現代メディア・ジャーナリズム研究会代表、関西テレビ番組審議会委員、京都新聞報道審議委員、など。CM制作コーディネーターとしても活躍。
関連書籍
ページ上部へ戻る