タイトル ゴッホを旅する
刊行日 2015年7月10日
著者 千足伸行
定価 2000+税
ISBN 978-4-8460-1458-2
Cコード C0071
ページ数 224
判型 四六
製本 上製
内容
敬虔なプロテスタント、弱者に寄り添うヒューマニスト、情熱的な理想主義者…多くの顔をもつゴッホが、生涯をかけて描きたかったものは何だったのか。肖像画・風景画・静物画・デッサン等作品世界を一望し、遺された膨大な書簡も繙きつつ、その芸術と心の旅路をたどる本格評論。
著者紹介
千足伸行(せんぞく・のぶゆき)
美術史家、成城大学名誉教授。1940年東京生まれ。東京大学文学部卒業後、TBS(東京放送)を経て国立西洋美術館に勤務。1970〜72年、西ドイツ(当時)政府給費留学生としてミュンヘン大学に留学。主にドイツ・ルネサンス美術を学び、帰国後、国立西洋美術館に復帰。1979〜2011年、成城大学に勤務、現在は広島県立美術館館長。ヨーロッパ近代、特に世紀末美術を専門とし、多くの展覧会も企画。編著書に『世界美術大全集 西洋編』『アールヌーヴォーとアール・デコ』『交響する美術』(以上、小学館)、『もっと知りたいクリムト』(東京美術)など多数。
関連書籍
ページ上部へ戻る