タイトル ソローの市民的不服従
サブタイトル 悪しき「市民政府」に抵抗せよ
刊行日 2011年3月15日
著者 H・D・ソロー 著/佐藤雅彦 訳
定価 2,000 +税
ISBN 978-4-8460-0882-6
Cコード 0031
ページ数 200
判型 四六
製本 上製
内容
1846年、29歳のソローは「人頭税」の支払いを拒んで逮捕=投獄された。その体験をもとに政府が“怪物”のような存在であることや、彼自身“良き市民として生きていく覚悟”を説く。
著者紹介
ヘンリー・デイヴィッド・ソロー
1817年の夏に、マサチューセッツ州コンコードの農家で生まれた。若きアメリカ社会の理想主義を自らの生活信条に据え、奴隷制度や侵略戦争に猛然と反対し、腐敗した政府に「納税拒否」で公然と逆らいながら、ウォールデン湖畔の小屋に独居して、心やすらかに思索にふける清貧の暮らしを愉しんだ。1862年の春に44歳で病死。

佐藤雅彦(さとう・まさひこ)
1957年札幌生まれ。筑波大学で心理学・教育学・「心身障害学」その他の人間諸科学を学び、地方紙記者や雑誌編集者を経て現在は翻訳家・ジャーナリスト。関心分野は科学社会学・生命工学・政治学・政治史・情報論など。
関連書籍
ページ上部へ戻る