タイトル タナスグ湖の怪物
刊行日 2008年7月25日
著者 グラディス・ミッチェル 著/白須清美 訳
定価 2,000 +税
ISBN 978-4-8460-0787-4
Cコード 0097
ページ数 270
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 79
内容
ハンフリー一行は恐竜らしき生物が目撃された湖へ調査に赴いた。巨大動物らしき影や、水面の妖しい波紋を目撃するなか、みなから疎まれていたメンバーの一人が変死する。発見者が孫娘だったため、魔女の血をひくという名探偵デイム・ベアトリス・ブラッドリーが現場である湖に行くのだが…。恐竜+本格ミステリという奇抜な設定を、ミッチェル女史が淡々と綴る異色作。
著者紹介
グラディス・ミッチェル
1901~83。本名グラディス・モード・ウィニフレッド・ミッチェル。イギリス、オックスフォードシャー生まれ。ロンドン大学を卒業後、1961年の定年まで、ロンドンやミドルセックスの学校で教鞭を執った。Speedy Deathで29年に作家デビューした後、多数の長編ミステリを発表。そのほとんどでミセス・ブラッドリーが探偵役を務める。また、マルコム・トリー名義やスティーヴン・ホッカビー名義での作品もある。

白須清美(しらす・きよみ)
早稲田大学第一文学部卒。英米文学翻訳家。
関連書籍
ページ上部へ戻る