タイトル トイレになった男
サブタイトル 衛生技師トーマス・クラッパー物語
刊行日 2005年3月20日
著者 ウォレス・レイバーン 著/ウサミ ナオキ 訳
定価 1,500 +税
ISBN 978-4-8460-0554-2
Cコード 0023
ページ数 222
判型 四六変
製本 上製
内容
ヴィクトリア朝時代のイギリスで、近代初となる水洗トイレを発明したトーマス・クラッパーの物語。エドワード7世、ジョージ5世に仕えた英国王室御用達技師の「糞尿まみれの一代記」。
著者紹介
ウォレス・レイバーン 
1913年英国生まれ。作家。小説6編、戦記2編、スポーツ物語(主にラグビー)12編のほかに伝記、論考、ユーモア物などを執筆。本書が初の邦訳となる。第2次世界大戦従軍時、フランス北部の町ディエップ奪還の功績が称えられ、女王陛下よりO.B.E(大英帝国四等勲士章)を授与された。2001年没(享年87歳) 。

ウサミ ナオキ(うさみ・なおき)
1928年東京生まれ。翻訳家。8‐17歳まで大連に在住。1953年東京大学文学部(旧制)修了。埼玉県立高校、商社勤務を経て、音楽関係、技術文献の翻訳(英独仏露語)に従事。1973‐92年通産省特許庁工業所有権研修所講師(英仏露語)。1982‐88年都立工業高専講師(英語)。
関連書籍
ページ上部へ戻る