タイトル トリニダード・トバゴ
サブタイトル カリブの多文化社会
刊行日 2018年8月23日
著者 鈴木美香
定価 2700+税
ISBN 978-4-8460-1744-6
Cコード 0036
ページ数 336
判型 四六
製本 並製
内容
現地の日本大使館に勤務した著者による、はじめての包括的なトリニダード・トバゴ案内。日本ではほとんど知られていないカリブの島国の一般事情を、豊富なデータやエピソード・写真をまじえ紹介する。有名なカーニバルや楽器スティール・パンのほか、政治・経済から外交、多様な人種、宗教、文化、人々の暮らしまで。「サンゴ礁の手前は緑、彼方は紺碧。光り輝くカリブ海の波洗う島国に6年暮らした著者は、多文化世界にしなやかに切り込んだ。厳しくも人間性豊かな島社会の素顔を見事に描いている」(伊高浩昭)
著者紹介
鈴木美香(すずき・みか)
1980年、日本人の父親とフィリピン人の母親のもとに生まれる。亜細亜大学国際関係学部国際関係学科卒業、上智大学大学院外国語学研究科地域研究専攻博士前期課程(修士課程)修了。2010年より2016年まで、在トリニダード・トバゴ日本国大使館の専門調査員として、カリブ10カ国の政治・外交に関する情報収集・分析業務に従事。現在、新興国の金融・経済・政治を調査する財団法人に勤務し南米を担当。2018年4月より、国士舘大学にて非常勤講師も兼務。
編集者コメント
カリブの小さな国トリニダード・トバゴに焦点をあてた、国内ではじめての一般向けの案内書です。歴史・文化といった基本的な情報だけでなく、専門を生かした緻密な分析、日本とのつながり、独立50周年を経て直面する課題など、ごく最近まで現地に暮らした著者ならではの視点から、人々の暮らしとこの国のいまを読み解きます。
目次
第1章 多民族国家トリニダード・トバゴの歴史
第2章 一般のトリニダード・トバゴ人の暮らし
第3章 多文化社会トリニダード・トバゴの文化
第4章 英国式から独自の発展を遂げた政治体制
第5章 エネルギー資源を中心に動く経済と貿易
第6章 エネルギー輸出国・東カリブ地域の大国としての地位を活かした外交
第7章 文化交流から経済協力まで広がる日本とトリニダード・トバゴの関係
第8章 独立50周年を経た今直面する課題
著者に際立つ「快活な作風」ー解説に代えて(伊高浩昭)
関連書籍
ページ上部へ戻る