タイトル ドクター・ホフマンのサナトリウム
サブタイトル カフカ第4の長編
刊行日 2019年11月下旬
著者 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
定価 2200+税
ISBN 978-4-8460-1889-4
Cコード 0074
判型 四六
製本 上製
内容
奇才ケラリーノ・サンドロヴィッチが描く、ありもしないカフカ“幻”の長編小説。

『失踪者』『審判』『城』に続くフランツ・カフカ第4の長編遺稿が発見された。双子の青年に翻弄される、うら若き女性の冒険綺譚だ。小説出版で一攫千金を夢見る男、1923年のカフカ、小説世界の恐るべき人々が交錯するKERA式・カフカの迷宮世界。

カフカのかつての恋人や友人たちとの交友関係を軸に、謎めいたその生涯に迫る傑作評伝劇『カフカズ・ディック』を併録。
著者紹介
劇作家、演出家、映画監督、音楽家。1963年1月3日生まれ。82年、ニューウェイヴバンド「有頂天」を結成。また自主レーベルであるナゴムレコードを立ち上げ、数多くのバンドのアルバムをプロデュースする。85年、劇団健康を旗揚げ、演劇活動を開始。92年解散、93年にナイロン100℃を始動。99年、『フローズン・ビーチ』で第43回岸田國士戯曲賞を受賞し、現在同賞の選考委員を務める。2018年秋の紫綬褒章を始め、第66回芸術選奨文部科学大臣賞、第24回読売演劇大賞最優秀演出家賞、第26回読売演劇大賞最優秀作品賞(ナイロン100℃『百年の秘密』)など受賞多数。音楽活動では、ケラ&ザ・シンセサイザーズ、鈴木慶一とのユニットNo Lie−Sence、有頂天など各種ユニット・ソロによるライブ活動や新譜リリースを精力的に展開中。
関連書籍
ページ上部へ戻る