タイトル ビーコン街の殺人
刊行日 2007年12月25日
著者 ロジャー・スカーレット 著/板垣節子 訳
定価 2,000 +税
ISBN 978-4-8460-0755-3
Cコード 0097
ページ数 272
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 72
内容
ビーコン街の屋敷のパーティに招待された弁護士アンダーウッド。彼が帰宅しようと席を立ったそのとき、女性の悲痛な叫び声がした。屋敷の主人サットンが二階の一室で銃殺されていたのだ。部屋の中には婦人がおり、傍らには銃があった。当然彼女に容疑がかけられる。簡単に解決する事件と思われた…。江戸川乱歩らによって戦前から紹介されていた本格派スカーレットのデビュー作を初完訳。旧邦題「密室二重殺人事件」。
著者紹介
ロジャー スカーレット 
二人のアメリカ人女性ドロシー・ブレア(1903年〜1976?)とイヴリン・ペイジ(1902年 〜1977年)の共同ペンネーム。5作の長編を発表しており、なかでも1932年発表の第4作『エンジェル家の殺人』(東京創元社)には、江戸川乱歩が惚れこみ、翻訳権までとって『三角館の恐怖』として翻案したことで知られる。

板垣節子(いたがき・せつこ)
北海道札幌市生まれ。インターカレッジ札幌にて翻訳を学ぶ。
関連書籍
ページ上部へ戻る