タイトル ベスト・プレイズⅡ
サブタイトル 西洋古典戯曲13選
刊行日 2020年2月上旬刊行予定
著者 西洋比較演劇研究会 編
定価 4200+税
ISBN 978-4-8460-1882-5
Cコード 0074
ページ数 784
判型 A5
製本 並製
シリーズ名 ベスト・プレイズ
シリーズ番号
内容
演劇を学ぶ学生と演劇愛好家の座右の書として版を重ねてきた『新訂ベスト・プレイズ─西洋古典戯曲12選』(2011)の続編。古代ギリシア悲劇『アンティゴネ』から現代イタリア演劇『作者を探す六人の登場人物』まで、演劇を学ぶ上で「基本中の基本」ともいうべき13作を選定。いずれも、本巻のために新たに訳すか、大幅に改訂された。巻末には劇場建築に関する解説および演劇史を概観する略年表を収録。
著者紹介
小菅隼人(こすげ・はやと)
慶應義塾大学教授。国際演劇学会(IFTR)理事。日本演劇学会副会長。『ハムレット』(翻訳・解説『新訂ベスト・プレイズ』所収、二〇一一)。 The Routledge Companion to Butoh Performance (共著、二〇一八)。The Routledge Companion to Theatre and Politics (共著、二〇一九)。『身体医文化論―腐敗と再生―』(編著、二〇〇四)。クリストファー・イネス『アヴァンギャルド・シアター―1892~1992』(共訳、二〇〇一) など。
目次
ソポクレス『アンティゴネ』(北野雅弘訳)
エウリーピデース『バッカイ』(西村太良訳)
シェイクスピア『夏の夜の夢』(井上優訳)
シェイクスピア『リア王』(小菅隼人訳)
ロペ・デ・ベガ『フエンテオベフーナ』(田尻陽一訳)
モリエール『タルチュフ』(大谷理奈訳)
マリヴォー『愛と偶然の戯れ』(奥香織訳)
リロ『ロンドン商人』(安田比呂志訳)
ゴルドーニ『二人の主人を一度に持つと』(鈴木国男訳)
シラー『オルレアンの乙女』(新沼智之訳)
イプセン『ゆうれい』(毛利三彌訳)
チェーホフ『三人の姉妹』(永田靖訳)
ピランデッロ『作者を探す六人の登場人物』(大崎さやの訳)
 劇場のかたち(本杉省三)
 西洋演劇略年表(辻佐保子)
 あとがき(小菅隼人)
関連書籍
ページ上部へ戻る