タイトル ボヌール・デ・ダム百貨店
刊行日 2002年11月30日
著者 エミール・ゾラ 著/伊藤桂子 訳
定価 3,800+税
ISBN 978-4-8460-0400-2
Cコード 0097
ページ数 576
判型 A5変
製本 上製
シリーズ名 ルーゴン・マッカール叢書
シリーズ番号 11
内容
消費社会の起源を刻明に描いた百貨店の物語。ボヌール・デ・ダム百貨店、120年ぶりに新装オープン。ゾラが見た消費の神殿。くりひろげられる魅惑・労働・恋愛、本邦初訳・完訳版。
著者紹介
エミール・ゾラ
1840年、パリに生まれる。フランスの作家・批評家。22歳ごろから小説や評論を書き始め、美術批評の筆も執り、マネを擁護した。1862年、アシェット書店広報部に就職するが、1866年に退職。1864年に短編集『ニノンへのコント』を出版、1865年に処女長編『クロードの告白』を出版。自然主義文学の総帥として論陣を張り、『実験小説論』(1880年)を書いた。1891年には文芸家協会会長に選出される。
関連書籍
ページ上部へ戻る