タイトル ポッターマック氏の失策
刊行日 2008年5月25日
著者 オースティン・フリーマン 著/鬼頭玲子 訳
定価 2,200 +税
ISBN 978-4-8460-0785-0
Cコード 0097
ページ数 351
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 77
内容
英国の田舎に住む紳士ポッターマック氏。彼の生活は執拗なゆすりに耐える日々だった。意を決した彼は、綿密な計画のもとに犯人を殺害する。完璧とも思える隠蔽工作だったが、その捜査に乗り出したのは科学者探偵ソーンダイク博士だった。ソーンダイクはいかにして見破るのか…。倒叙ミステリの創始者フリーマンによる、緊迫感あふれる名品。レディ・モリー、フォーチュン氏、ノヴェンバー・ジョーに続く、“ホームズのライヴァルたち”第四弾。
著者紹介
オースティン・フリーマン
1862〜1943、リチャード・オースティン・フリーマン。ロンドン生まれ。1880年にミドルセックス病院付属医科大学に入学し、その後、王立外科医科大学などで働く。デビュー作は、アフリカのガーナに植民地付医師補として赴任した際の探検を本にまとめたTravels and Life in Ashanti and Jaman(1898)。科学者探偵ソーンダイク博士シリーズは、第一作『赤い拇指紋』(1907)をはじめとして、長編21作、短編40作以上を数え、「シャーロック・ホームズのライヴァルたち」の代表格とされている。また、クリフォード・アシュダウン名義の作品もある。

鬼頭玲子(きとう・れいこ)
藤女子大学文学部英文学科卒業。インターカレッジ札幌在籍中。札幌市在住。
関連書籍
ページ上部へ戻る