タイトル マニラウォッチング
サブタイトル 素顔のフィリピン
刊行日 1986年11月1日
著者 藪野正樹
定価 2,000 +税
ISBN 978-4-8460-0086-8
Cコード 0026
ページ数 228
判型 B6
製本 上製
内容
ワンダーランド《フィリピン》を回遊する!?

フィリピン人のライフスタイル、映画、ファッションetcを通して語るフィリピン“文化”入門講座。
サリサリ・ストアを経営しダウンタウンに暮らした著者が、フィリピン感覚の琴線触れる!
1984年初頭から86年夏まで2年間のマニラ滞在は、60回に及ぶフィリピン詣をした著者にとっても、内容豊富で充実した日々であった。会社を作ったかと思えばタクシードライバー、現地では稀有な似顔絵描きもやった。タガログ語が話せる変な日本人の真面目なフィリピン像!
著者紹介
一九三八年、名古屋市にて生まれる。同志社大学商学部経営学科卒業。早稲田大学語学研究所にてタガログ語を学ぶ。フィリピン大衆文化考学専攻。一九七〇年頃から報道取材、研究などのため渡比。渡比回数多く数えられない。横浜市海外交流協会などフィリピン文化に関する講演、寄稿が多い。中部経済新聞社などを経てフリーのライター、画家に。現在、早稲田大学理工学研究所特別研究員。早稲田大学理工学部建築学科科尾島俊雄研究室研究員として「日本建築画像体系・21世紀の住宅ビデオシリーズ」の制作を担当。日本建築学会会員(アジアの建築委員会)。著書に『国際空港の24時間』(どんぐりブックス24・ポプラ社)など。
関連書籍
ページ上部へ戻る