タイトル マルクス政治学原論
刊行日 2012年7月30日
著者 柴田高好
定価 5,800 +税
ISBN 978-4-8460-1150-5
Cコード 0031
ページ数 488
判型 A5
製本 上製
内容
市民社会バイアス的アプローチと国家バイアス的アプローチを駆使して、丸山眞男、ウェーバー、シュムペーター、プーランザス、廣松渉らの国家理論を解明し、マルクス国家論の構築を展望する。
著者紹介
柴田高好(しばた・たかよし)
1925年北海道苫小牧に生まれる。1943年北海道庁立釧路中学卒。1945年静岡高等学校文科卒。1949年九州大学法学部卒。1952年九州大学法学部大学院卒。1964年静岡大学教授。1972年東京経済大学教授、現在東京経大名誉教授(2012年現在)。専攻は政治学。
関連書籍
ページ上部へ戻る