タイトル “マレーシア発”アジア的新生
刊行日 2003年9月30日
著者 アンワル・イブラヒム 著/坪内淳 訳
定価 2,000 +税
ISBN 978-4-8460-0375-3
Cコード 0030
ページ数 189
判型 四六
製本 上製
内容
マレーシアの首相マハティールの後継者と目されながら、突然逮捕され、禁固刑に処せられた元副首相兼蔵相アンワル・イブラヒムの「哲学的思想」の神髄が明かされる。獄中からの知識人の叫び!
著者紹介
アンワル・イブラヒム
1947年、ペナン州生まれ。マレーシアの元副首相兼蔵相。国際イスラム大学(マレーシア)の総長およびユネスコ総会の議長を務める。1982年以来、文化、青年・スポーツ、農業、教育などの担当大臣を歴任。1998年、突然、職を解かれ、同性愛と汚職の罪で逮捕される。以後、獄中での生活を余儀なくされている。

坪内淳(つぼうち・じゅん)
1969年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業、同大学院政治学研究科博士後期課程修了。2001‐02年、フルブライト奨学金を得て、ハーバード大学ケネディ行政大学院フェロー。専門は国際関係論、国際安全保障。現在、山梨大学助教授。
関連書籍
ページ上部へ戻る