タイトル ムッシュウ・ジョンケルの事件簿
刊行日 2018年5月上旬
著者 メルヴィル・デイヴィスン・ポースト
定価 2400円+税
ISBN 978-4-8460-1705-7
Cコード 0097
ページ数 256
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 209
内容
アメリカ合衆国大統領セオドア・ルーズベルトも愛読した作家M・D・ポーストによる短編集が遂に完訳! プロットの巧みさとサプライズ・エンディング! パリ警視総監ムッシュウ・ジョンケルがアメリカ、フランス、イギリスを舞台に謎に挑む!

著者紹介
メルヴィル・デイヴィスン・ポースト
アメリカ、ウェストヴァージニア州、ハリスン郡生まれ。
ウェストヴァージニア大学卒。弁護士として務め、1896年『ランドルフ・メイスンと7つの罪』で作家デビュー。
目次
目次
大暗号
霧のなかにて
異郷のコーンフラワー
失明
呪われたドア
ブリュッファーの行進
テラスの女
三角形の仮説
五つの印
鋼鉄の指を持つ男
まだら模様の蝶
ルビーの女
訳者あとがき
解説 横井司
関連書籍
ページ上部へ戻る