タイトル メディア・アカウンタビリティと公表行為の自由
刊行日 2009年11月20日
著者 デニス・マクウェール 著/渡辺武達 訳
定価 3,800 +税
ISBN 978-4-8460-0866-6
Cコード 0030
ページ数 526
判型 A5
製本 上製
内容
膨大な文献を比較検討してメディアのもつAccountability(責任履行)を理論的に解明する! メディアの自由と公共性を問う、同志社大学メディアコミュニケーション研究センターのプロジェクト第三弾。
著者紹介
デニス・マクウェール
1935年生まれ。オックスフォード大学歴史社会科学部卒業後、リーズ大学で博士号を取得して、同大テレビ研究センター研究員。王立プレス委員会の学術顧問を務めた後、1977年にアムステルダム大学にコミュニケーション学部長として招かれ、2009年に大名誉教授就任。European Journal of Communicationの創設編集者(1985年-)。マスコミュニケーションの一般理論の構築者として知られ、著書はメディア教育の世界的標準教科書となっている。

渡辺武達(わたなべ・たけさと)
1944年生まれ。現在、同志社大学社会学部教授。ハーバード大学客員研究員(2001年)、同志社大学メディア・コミュニケーション研究センター代表(2003-07年)。市民的利益を重視するメディアと報道の「積極的公正中立主義」を提唱している。
関連書籍
ページ上部へ戻る