タイトル ルーン・レイクの惨劇
刊行日 2015年12月30日
著者 ケネス・デュアン・ウィップル 著/熊木信太郎 訳
定価 2,200円+税
ISBN 978-4-8460-1477-3
Cコード 0097
ページ数 248
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 162
内容
夏期休暇に出掛けた十人の男女を見舞う悲劇と惨劇。“金田一耕助の生みの親”横溝正史によって一度だけ邦訳紹介された幻の作家ケネス・デュアン・ウィップルの知られざる長編第一作を初邦訳!
著者紹介
ケネス・デュアン・ウィップル
1894年、アメリカ生まれ。ニューイングランド旧家の出身という以外、詳しい経歴は不詳。クレアモント・デイリー・イーグルという新聞社でジャーナリストとして働きながら、1921年に探偵小説の短編第一作を発表。同社に勤務しながら文筆活動を続け、1920年代から30年代にかけてパルプ雑誌を中心に活躍した。寡作家なのか現在までに確認されている作品総数は10作程度と非常に少ない。33年から35年にかけて長編3作が単行本として発売され、そのうち「鍾乳洞殺人事件」(34)は編集者時代の横溝正史が昭和初期に翻訳している。別作家のペンネームという可能性も指摘されているが、事実確認はされていない。73年死去。

熊木信太郎(くまき・しんたろう)
北海道大学経済学部卒業。都市銀行、出版社勤務を経て、現在は翻訳者。出版業にも従事している。
関連書籍
ページ上部へ戻る