タイトル レストハウス、 あるいは女はみんなこうしたもの
刊行日 2007年6月1日
著者 エルフリーデ・イェリネク 著/谷川道子 訳
定価 1,600 +税
ISBN 978-4-8460-0614-3
Cコード 0074
ページ数 156
判型 A5変
製本 並製
シリーズ名 ドイツ現代戯曲選
シリーズ番号 28
内容
高速道路のパーキングエリアのレストハウスで浮気相手を探す2組の夫婦。モーツァルトの『コシ・ファン・トゥッテ』をドラスティックに改作して、夫婦交換の現代版パロディにし、出口なしの男女の性的抑圧を描く。
著者紹介
エルフリーデ・イェリネク
1946年、オーストリア・シュタイアーマルク州ミュルツツーシュラークに生まれる。ウィーンで育ち、ウィーン大学で演劇学と美術史を専攻。60年代末に作家としてデビュー。ことに小説『したい気分』や『欲望』はベストセラーになり、また『ブルク劇場』や『トーテンアウベルク』『雲。家』『杖、竿、棒』『レストハウス』などの戯曲で、目下ドイツ語圏でもっとも注目を集めている作家である。ベル賞やビュヒナー賞等々に続いて、2004年にはノーベル文学賞受賞。

谷川道子(たにがわ・みちこ)
1946年生まれ。東京外国語大学教授。ブレヒトやミュラー、ピナ・バウシュを中心としたドイツ語圏現代演劇・表象文化が専門。
関連書籍
ページ上部へ戻る