タイトル レディ・モリーの事件簿
刊行日 2006年3月25日
著者 バロネス・オルツィ 著/鬼頭玲子 訳
定価 2,000 +税
ISBN 978-4-8460-0660-0
Cコード 0097
ページ数 328
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 45
内容
「私」が敬愛してやまないレディ・モリー。その凛とした佇まいは、犯罪に手を染めた者すら魅了し、スコットランド・ヤードのエリート達をも凌ぐ行動力と観察眼は、難事件の陰に葬られんとする真実を白日の元にさらけだす。『隅の老人』の著者オルツィが創造した、ミステリ史上初の女性警察官探偵レディ・モリーの活躍を描いた短編集、百年の時を経てついに完訳!“ホームズのライヴァルたち”第一弾。
著者紹介
バロネス・オルツィ 
1865〜1947。本名エンムーシコ・マグダリーナ・ロウザリーア・マリア・ジョーセファ・バルバラ・オルツィ・バーストウ。ハンガリー、タルナ‐エルシュ生まれ。男爵家に生まれるも小作人たちの反乱に遭い、ブリュッセル、パリなどに移住する。その後、ロンドンに移り美術学校に通う。1895年に児童書『The Enchanted Cat』などを上梓。1901年から「隅の老人」シリーズ、1909年から「レディ・モリー」シリーズの連載を開始する。彼女が広く知られるようになった作品は1905年に発表した歴史ロマン『紅はこべ』であり、同書は現在まで世界中で読まれている。

鬼頭玲子(きとう・れいこ)
藤女子大学文学部英文学科卒業。インターカレッジ札幌在籍中。札幌市在住。
関連書籍
ページ上部へ戻る