タイトル ロシア革命論
刊行日 1993年1月1日
著者 ローザ・ルクセンブルク 著/伊藤成彦 訳
定価 2,200 +税
ISBN 978-4-8460-0016-5
Cコード 1030
ページ数 226
判型 B6
製本 上製
品切れ
内容
獄中での草稿、当時非合法とされた冊子『スパルタクス書簡』『カンプ』の論考におけるレーニン批判と、伊藤成彦によるロシア革命時における著者の研究。
著者紹介
ローザ・ルクセンブルク
1871年にロシア領ポーランド王国のザモシチに生まれた。若くして社会主義運動に入ったが、1889年、官憲の手から逃れるためにスイスのチューリヒに亡命した。1893年には、ポーランド王国社会民主党の結成に加わり、パリで発行されたその機関紙『スプラヴァ・ロボトニチャ(労働者問題)』の編集に携わった。1898年にはベルリンに転居し、ドイツ社会民主党(SPD)に入党し、活動の拠点をドイツに移したが、ポーランドの労働運動に終生かかわり続け、ポーランド語論文も多数著している。
関連書籍
ページ上部へ戻る