タイトル ローリング邸の殺人
刊行日 2005年12月25日
著者 ロジャー・スカーレット 著/板垣節子 訳
定価 2,000+税
ISBN 978-4-8460-0650-1
Cコード 0097
ページ数 296
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 35
内容
乱歩もその巧妙な手法に魅せられた、アメリカの本格推理作家スカーレット。数少ない作品中、未訳だった最後の一冊が満を持して登場。とある屋敷にて病死する主。その裏でほくそ笑むのは誰だ?未亡人、義姉、主治医、執事、そして親友を名乗る男…。それぞれの横顔が疑惑の影に覆われる。複雑に絡み合った怨念の糸を、ボストン警察のケイン警視が巧みに繙いてゆく。
著者紹介
ロジャー・スカーレット 
アメリカ合衆国の推理作家。ドロシー・ブレア(1903〜1976年?)とイヴリン・ペイジ(1902〜1977年)という女性二人の合同ペンネーム。『ビーコン街の殺人』でデビュー、『猫の手』『エンジェル家の殺人』など。

板垣節子(いたがき・せつこ)
北海道札幌市生まれ。通信教育課程にて慶應義塾大学文学部を卒業。インターカレッジ札幌にて翻訳を学ぶ。
関連書籍
ページ上部へ戻る