タイトル ヴィンテージ作家の軌跡
サブタイトル ミステリ小説グラフィティ
刊行日 2011年8月30日
著者 直井明
定価 2,800 +税
ISBN 978-4-8460-1102-4
Cコード 0098
ページ数 376
判型 四六
製本 上製
内容
ヘミングウェイ「殺し屋」、フォークナー『サンクチュアリ』、アラン・ロブ=グリエ『消しゴム』…。大物作家の作品をミステリ小説として読み解く。“ミステリ界の御意見番”が純文学からエルモア・レナード、エラリー・クイーンまでを自在に説いたエッセイ評論集。
著者紹介
直井明(なおい・あきら)
1931年東京生まれ。1954年東京外国語大学インド語科卒。商社の海外駐在員としてカラチ、ヒューストン、ブカレスト、ニューヨーク等で勤務、2003年に外資系企業日本法人から退任。『87分署グラフィティ』で第四十二回日本推理作家協会賞(評論部門)を受賞。
関連書籍
ページ上部へ戻る