タイトル 不可能犯罪課の事件簿
刊行日 2010年6月25日
著者 ジェイムズ・ヤッフェ 著/上杉真理 訳
定価 2,000+税
ISBN 978-4-8460-1049-2
Cコード 0097
ページ数 288
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 92
内容
ニューヨーク市警殺人捜査局不可能犯罪課。不可能犯罪を専門に扱うその課の主、ポール・ドーンが歴史上の謎を見事に解く「皇帝のキノコの秘密」ほか、“ブロンクスのママ”シリーズで有名なジェイムズ・ヤッフェによる“不可能犯罪課”シリーズ全6編。さらに、ノンシリーズ2編と、本国版EQMM掲載時にエラリー・クイーンが寄せたコメントを全編に収録。ヤッフェの才気とクイーンの名編集長ぶりをご堪能あれ。
著者紹介
ジェイムズ・ヤッフェ 
1927年シカゴ生まれ。15歳でEQMMに短編ミステリ「不可能犯罪課」を投稿、同誌に掲載されデビュー。イェール大学を卒業後、“ブロンクスのママ”シリーズ第1作「ママは何でも知っている」を発表。普通小説、戯曲なども手がける。

上杉真理(うえすぎ・まり) 
英米文学翻訳家。
関連書籍
ページ上部へ戻る