タイトル 世相講談 中
刊行日 2008年2月29日
著者 山口瞳
定価 1,900 +税
ISBN 978-4-8460-0795-9
Cコード 0095
ページ数 400
判型 四六
製本 上製
内容
バスガイドにモデルにバーテンダー、競馬記者に発明マニヤに酒場の女、寿司屋に皮革屋に活版屋、看護婦、按摩、靴磨き…… 高度成長の隅っこでジッとケナゲに生きてます。昭和に生きた名もなき人々をひたと見つめる珠玉のルポ集。
著者紹介
山口瞳(やまぐち・ひとみ)
1926(大正15)年、東京生まれ。麻布中学を卒業、第一早稲田高等学院に入学するも自然退学。その後、父の工場で旋盤工として働く。終戦後は複数の出版社に勤務。その間に國學院大學を卒業する。1958年に寿屋(現サントリー)に中途入社、「洋酒天国」の編集者として活躍する。同僚に開高健、柳原良平らがいた。62年『江分利満氏の優雅な生活』で直木賞を受賞、同作は64年に東宝で映画化された。79年には『血族』で菊池寛賞を受賞する。95(平成7)年8月、肺がんのため逝去。享年68歳。
関連書籍
ページ上部へ戻る