タイトル 世紀の犯罪
刊行日 2019年7月6日
著者 アンソニー・アボット
定価 2800+税
ISBN 9784846018443
Cコード 0097
ページ数 312
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 235
内容
ボート上で発見された男女の遺体。事件の真相を追及するべく、NY市警察本部長のサッチャー・コルトが捜査にのりだす!金田一耕助探偵譚「貸しボート十三号」の原型とされる作品の完訳!
著者紹介
アンソニー・アボット
1893-1952
本名チャールズ・フルトン・アワスラー
アメリカ、メリーランド州ボルチモア生まれ。
敬虔なバプティストの家庭に育つ。
貧しい幼少期をおくり、読書と手品に夢中になる。
法律を学んだのち、リポーターの仕事や、
様々な雑誌の編集をしながら執筆活動を始め、
ミステリの短編が、〈ディテクティブ・ストーリー・マガジン〉や〈ミステリー・マガジン〉に掲載される。
1949年、イエス・キリストの伝記『偉大なる生涯〜たぐひなき物語〜』が200万部以上売れ、ベストセラー作家となる。
宗教関係の著作も多数。
ミステリでは、シリーズ探偵となるNY市警察本部長サッチャー・コルトを創作した。

目次
世紀の犯罪 訳者あとがき 解説 阿部太久弥
関連書籍
ページ上部へ戻る