タイトル 中国に夢を紡いだ日々
サブタイトル さらば「日中友好」
刊行日 2009/10/30(2010
著者 長島陽子
定価 1,400 +税
ISBN 978-4-8460-0865-9
Cコード 0036
ページ数 254
判型 四六
製本 並製
内容
中国との〈出会い〉、そして〈訣別〉。1950~60年代前半、左翼の洗礼を受けた若者たちは新生中国に夢を託した……。岩波書店の元社員が語る、愛憎に満ちたもう一つの「日中友好」史。
著者紹介
長島陽子(ながしま・ようこ)
1929年東京神田に生れる。東京女子大学国語科卒業後、岩波書店に入社。書籍の校正、辞典の編集・校正に従事。1959年4‐5月、日本青年婦人訪中代表団に加わり訪中。以後日中友好運動に挺身したが天安門事件で日中友好協会を脱退。以後はもう一つの視点で日中交流を模索。1991年岩波書店を退職。1985‐93年東京YWCA市ヶ谷砂土原センターで中国帰国者に日本語を教える。1993‐94年北京の人民中国雑誌社に勤務
関連書籍
ページ上部へ戻る