タイトル 中島河太郎著作集 上巻
刊行日 2020年1月17日
著者 中島河太郎 著/中嶋淑人 編
定価 6000+税
ISBN 978-4-8460-1883-2
Cコード 0095
ページ数 744
判型 四六
製本 上製
内容
江戸川乱歩の薫陶を受けた推理小説研究の第一人者が書誌学者としての腕前を存分に揮った『日本推理小説辞典』と『海外推理作家事典』を一冊に合本。推理小説研究の基礎文献、待望の復刊! 文学、書誌学、民俗学に精通した碩学の集大成、第1巻。
著者紹介
[著者]
中島河太郎(なかじま・かわたろう)
 1917年6月5日、鹿児島県生まれ。本名・馨。東京帝国大学文学部国文科卒業後、1942年より教師として東京府立第七中学校(都立墨田川高校)で教鞭を執る。民俗学に精通し、正宗白鳥や柳田国男の研究者として多大な功績を残した。1948年に『探偵新聞』へ連載した「日本推理小説略史」が江戸川乱歩の目にとまり、以降、推理小説評論家研究家としても活躍する。1966年に和洋女子大学へ赴任し、学長退任となる1996年まで同大で教育者として従事した。1997年、日本初の推理小説専門図書館となるミステリー文学資料館の初代館長に任命された。1999年5月5日、腎不全により死去。1955年に「探偵小説辞典」で第1江戸川乱歩賞、1966年に「推理小説展望」で第19回日本推理作家協会賞、1998年に第2回日本ミステリー文学大賞を受賞。1988年、勲四等旭日小綬章受章。

[編者]
中嶋淑人(なかじま・よしと)
 1949年6月1日、東京都墨田区生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業後、1975年より2007年まで株式会社大林組に勤務。2008年より株式会社ジョイネス代表取締役。文藝家協会準会員。
目次
日本推理小説辞典
海外推理作家事典
解説 野村恒彦
索引
関連書籍
ページ上部へ戻る