タイトル 中野重治と戦後文化運動
サブタイトル デモクラシーのために
刊行日 2015年10月30日
著者 竹内栄美子 著
定価 3,800円+税
ISBN 978-4-8460-1451-3
Cコード 0095
ページ数 416
判型 四六
製本 上製
内容
"プロレタリア文学と3.11"。マルクス主義、アナキズム、W・サイードに導かれ近代文学を追究してきた著者が、新しい視座より松田解子・佐多稲子・山代巴・小林多喜二・中野重治の作品群を俎上に載せる。
著者紹介
竹内栄美子(たけうち・えみこ)
1960年、大分県生まれ。お茶の水女子大学大学院博士課程人間文化研究科単位取得退学。千葉工業大学教授。日本近代文学専攻。『中野重治 人と文学』(勉誠出版、2004年)、『戦後日本、中野重治という良心』(平凡社新書、2009年)、『女性作家が書く』(日本古書通信社)など。
関連書籍
ページ上部へ戻る