タイトル 二階俊博幹事長論
サブタイトル ナンバー1を越えたナンバー2実力者/平和・博愛・忠恕の政治家
刊行日 2020年4月22日
著者 森田実
定価 1091+税
ISBN 978-4-8460-1937-2
Cコード 0031
ページ数 232
判型 四六
製本 上製
内容
斬新な視点で描く、二階俊博の全体像。歴史は「ナンバー1ではなく、ナンバー2実力者を軸にして動く」とする著者が、《南方熊楠の和歌山魂と自由精神の継承者》である二階俊博の政治的業績を多角的に検証する。
著者紹介
1932年、静岡県伊東市生まれ。東京大学工学部卒業。日本評論社出版部長、『経済セミナー』編集長などを経て、1973年に政治評論家として独立。テレビ・ラジオ・著述・講演活動など多方面で活躍。中国・山東大学名誉教授、東日本国際大学客員教授。東日本国際大学「森田実地球文明研究所」所長。著書に『森田実の言わねばならぬ 名言 123選』『一期一縁』『公共事業必要論』『防災・減災に資する国土強靭化政策が日本を救う!』『森田実の永田町政治に喝!』など多数。
目次
序章 今、なぜ『二階俊博幹事長論』を世に問うのか
第一章 つねに「国民と共に」の姿勢と「平和主義」を貫く二階俊博の実像
第二章 二階俊博は、ナンバー1を凌ぐ最高・最良のナンバー2実力者
第三章 二階俊博の「ナンバー1」を凌駕する抜群の政治実績
終章 個性ある二階俊博の政治信条と手法の考察
関連書籍
ページ上部へ戻る