タイトル 人形の家
刊行日 2020年4月9日
著者 ヘンリック・イプセン 著/毛利三彌 訳
定価 1500+税
ISBN 978-4-8460-1922-8
Cコード 0074
ページ数 192
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 近代古典劇翻訳〈注釈付〉シリーズ

電子書籍はこちらから▼

内容
シェイクスピアに続き、世界でもっとも上演される近代劇の父、ヘンリック・イプセン。
女性解放を促した不朽の名作に詳細な注釈を付す。 

《シリーズ刊行予定》
・イプセン 『ゆうれい』、『野がも』、『ヘッダ・ガブラー』
・ストリンドベリ 『父』、『令嬢ジュリー』、『夢の劇』
・チェーホフ  『かもめ』、『三人姉妹』、『桜の園』

著者紹介
訳者:毛利三彌(もうり・みつや)

成城大学名誉教授(演劇学)
文学博士、ノルウェー学士院会員、元日本演劇学会会長

主著書
『北欧演劇論』、『イプセンのリアリズム』(日本演劇学会河竹賞)、『イプセンの世紀末』、『演劇の詩学―劇上演の構造分析』

主編著
『東西演劇の比較』、『演劇論の変貌』、『東アジア古典演劇の伝統と近代』(共編)

主訳書
『北欧文学史』(共訳)、『イプセン戯曲選集-現代劇全作品』(湯浅芳子賞)、
『ペール・ギュント』、『イプセン現代劇上演台本集』

主な演出
イプセン現代劇連続上演演出、東京国際イプセン演劇祭芸術監督
関連書籍
ページ上部へ戻る