タイトル 佐藤春夫と大逆事件
刊行日 2016年6月27日
著者 山中千春
定価 2,800+税
ISBN 978-4-8460-1531-2
Cコード C0095
ページ数 320
判型 四六
製本 上製
内容
春夫の生地・紀州新宮への調査を重ねた著者は、初期の代表作「愚者の死」と「美しい町」の背景に「大逆事件」=大石誠之助の処刑の翳が色濃く存在することを検証し、春夫文学の本質に迫る!
目次
第1章 大逆事件の衝撃(「愚者の死」をめぐる諸問題 新宮中学校停学処分と精神的危機—「若き鷲の子」前後の時代状況 ほか)
第2章 大逆事件後における佐藤春夫の近代批判(「愚者の死」以後 大逆事件の余波と教育制度批判 ほか)
第3章 “美しい町”のユートピア(“美しい町”計画と景観水辺のユートピア ほか)
第4章 大逆事件の痕跡、ユートピアの母胎(無名時代の佐藤春夫とその周辺 大石七分の病 ほか)
関連書籍
ページ上部へ戻る