タイトル 停まった足音
刊行日 2006年7月25日
著者 A・フィールディング 著/岩佐薫子 訳
定価 2,500 +税
ISBN 978-4-8460-0667-9
Cコード 0097
ページ数 384
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 52
内容
屋敷の一室で女主人の遺体が発見された。心臓を貫いた弾丸、傍らには被害者の指紋がついたリボルバー。争った形跡はなし。事故か自殺か、あるいは殺人か。死亡直前に被害者の背後で足を止めたのは誰なのか。ロンドン警視庁のポインターが地道で緻密な捜査を続けた結果、浮かび上がる意外な真相…。ヴァン・ダインが称賛したことで知られ、戦前より幾度となく邦訳刊行が予告されてきた『停まった足音』が、ついに日の目をみる。
著者紹介
A・フィールディング 
1884〜19??。本名ドロシー・フィールディング。イギリス生まれ。1924年に『仮面の殺人』でデビュー。生涯で25作の長編ミステリを発表。そのほとんどにロンドン警視庁のポインター主任警部が探偵役として登場する。

岩佐薫子(いわさ・かおるこ)
1964年生まれ。北海道大学卒業。インターカレッジ札幌在籍中。
関連書籍
ページ上部へ戻る