タイトル 儀礼と神観念の起原
サブタイトル ディオニューソス神楽からナチス神話まで
刊行日 2005年12月1日
著者 石塚正英
定価 2,500 +税
ISBN 978-4-8460-0312-8
Cコード 0014
ページ数 238
判型 四六
製本 上製
内容
ギリシア神話、フォイエルバッハの唯物論的宗教論、日本神話と縄文土偶、天の岩戸神話、石造文化など、“神的存在”にかかわる民俗を身体=儀礼をキーワードにして検討する労作。
著者紹介
石塚正英(いしずか・まさひで)
1949年、新潟県高田市(現上越市)生まれ。1981年3月、立正大学大学院文学研究科博士後期課程(史学専攻)満期退学。博士(哲学専攻)。立正大学西洋史研究会(初代会長)、歴史知研究会(初代会長)。
関連書籍
ページ上部へ戻る