タイトル 光石介太郎探偵小説選
刊行日 2013年10月1日
著者 光石介太郎
定価 3,600 +税
ISBN 978-4-8460-1269-4
Cコード 0093
ページ数 368
判型 A5
製本 上製
シリーズ名 論創ミステリ叢書
シリーズ番号 67
内容
乱歩の勧めで文学に転向した男。光石介太郎から青砥一二郎に至る探偵小説から〈純文学〉への軌跡をたどる。昭和初期の探偵文壇を垣間見させる貴重な回想録を併載。
著者紹介
光石 介太郎(みついし かいたろう)
1910(明43)年、福岡県生まれ。別名・鶏山文作、鷄山稲平、青砥一二郎。東京外語大学ポルトガル語科中退。1931(昭6)年、本名の光石太郎名義で「十八号室の殺人」を『新青年』に発表してデビュー。上京後は江戸川乱歩に師事し、筆名を光石介太郎と改め、次々と作品を発表。戦後になってからは青砥一二郎の筆名で創作活動を続けた。75年、雑誌『幻影城』に「三番館の蒼蠅」を発表し、光石名義を復活させた。1984(昭59)年、病歿。
目次
【創作篇】
十八号室の殺人
霧の夜
綺譚六三四一

空間心中の顛末
皿山の異人屋敷
十字路へ来る男
魂の貞操帯
基督を盗め
類人鬼
秘めた写真
鳥人誘拐
遺書綺譚
廃墟の山彦
ぶらんこ
豊作の頓死
大頭の放火
死体冷凍室
あるチャタレー事件
船とこうのとり
三番館の蒼蠅

【評論・随筆篇】
作者の言葉(「奇譚六三四一」)
無題
YDNペンサークルの頃
私の探偵小説観
靴の裏――若き日の交友懺悔
名軍師と名将たち
ハガキ回答

解題(横井 司)
関連書籍
ページ上部へ戻る