タイトル 出版社と書店はいかにして消えていくか
刊行日 2008年3月20日
著者 小田光雄
定価 2,000 +税
ISBN 978-4-8460-0773-7
Cコード 0036
ページ数 277
判型 四六
製本 上製
内容
再販=委託制に基づく近代出版流通システムは明治期よりどのように形成され、成長したのか?多くの資料を読み解き、その歴史と現在の崩壊過程を克明にたどり、危機の構造を立体化する。
著者紹介
小田光雄(おだ・みつお)
1951年静岡県生まれ。出版業に携わる。著書に「ブックオフと出版業界」「出版業界の危機と社会構造」など。
関連書籍
ページ上部へ戻る