タイトル 切断する美学
サブタイトル アヴァンギャルド芸術思想史
刊行日 2013年2月10日
著者 塚原史
定価 3,800 +税
ISBN 978-4-8460-1208-3
Cコード 0070
ページ数 550
判型 四六
製本 上製
内容
20世紀初頭の芸術運動である未来派、ダダ、シュールレアリズムから、岡本太郎、荒川修作など、歴史や地理を越えた芸術運動の考察。『反逆する美学』に続くアヴァンギャルド第2弾!
著者紹介
塚原史(つかはら・ふみ)
1949年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業、京都大学大学院文学研究科(フランス語フランス文学専攻)修士課程修了、パリ第3大学博士課程(トリスタン・ツァラ研究)中退。現在、早稲田大学法学学術院教授、早稲田大学会津八一記念博物館館長、トリスタン・ツァラ文化文学協会(ルーマニア)名誉会員。専攻:表象文化論(アヴァンギャルド、ダダ・シュルレアリスム研究)、現代思想(ボードリヤール研究)。
関連書籍
ページ上部へ戻る