タイトル 力としての現代思想 増補新版
サブタイトル 崇高から不気味なものへ
刊行日 2007年7月30日
著者 宇波彰
定価 2,200 +税
ISBN 978-4-8460-0317-3
Cコード 0010
ページ数 272
判型 四六
製本 上製
内容
言語もしくは記号が機能しえない時代には、崇高なもの、不気味なものが現れてくる。無限記号連鎖からはじまる思考の線上に、哲学、文学、美術といった様々な断片を結びつけ、思想の連関を探り出す。現代思想の新たなる展開。
著者紹介
宇波彰(うなみ・あきら)
1933年、静岡県浜松市生まれ。東京大学大学院(修士課程修了)。
関連書籍
ページ上部へ戻る