タイトル 力としての現代思想
サブタイトル 崇高から不気味なものへ
刊行日 2002年12月30日
著者 宇波彰
定価 2,200 +税
ISBN 978-4-8460-0301-2
Cコード 0010
ページ数 243
判型 四六
製本 上製
内容
言語もしくは記号が機能しえない時代には、崇高なもの、不気味なものが現れてくる。思考の線上にこれまで着目されていなかった諸概念の連関を指摘し、哲学者、作家、美術史家等をむすぶ。「表象不可能」な現代を剔出する一冊。
著者紹介
宇波彰(うなみ・あきら)
1933年静岡県浜松市に生まれる。東京大学大学院(哲学専攻、修士課程)修了。
関連書籍
ページ上部へ戻る