タイトル 反逆する美学
サブタイトル アヴァンギャルド芸術論
刊行日 2008年7月20日
著者 塚原史
定価 3,000 +税
ISBN 978-4-8460-0730-0
Cコード 0070
ページ数 424
判型 四六
製本 上製
内容
20世紀に起ったアヴァンギャルド運動を未来派、ダダ、シュールレアリズムから、現代におけるアヴァンギャルド芸術である岡本太郎、荒川修作、松澤宥、寺山修司までラディカルな思想で描ききる。
著者紹介
塚原史(つかはら・ふみ)
1949年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒、京都大学大学院文学研究科修士課程(フランス文学専攻)修了、パリ第3大学博士課程(トリスタン・ツァラ研究専攻)中退。トリスタン・ツァラ文化文学協会(ルーマニア)名誉会員。専攻は表象文化論(アヴァンギャルド、ダダ・シュルレアリスム研究)、現代思想(ボードリヤール研究)。思考実験としての芸術と思想の結びつきから現代文化の新たな可能性を模索している。
関連書籍
ページ上部へ戻る